3D X線脳の解剖学
  • ホーム
  • カルバマゼピンは躁うつ病の治療も可能

カルバマゼピンは躁うつ病の治療も可能

人生の脳

カルバマゼピンは抗てんかん薬として有名な薬ですが、てんかん以外にも躁うつ病の治療効果もあります。
躁うつ病というのは躁病とうつ病をそれぞれ繰り返して起きる病気です。
躁病というのは簡単にいうと興奮している状態なのですが、じっとしている事が出来ずにいつまでもしゃべり続けたり睡眠時間が少なくなり、症状が進行すると人が何を言っているのか認識するのが困難になったりして生活にも大きな影響が出てきます。
一方、うつ病の場合は躁病とは逆に気分が沈んだ状態となり、何をしても楽しくなく無気力になったり集中力や記憶力の減少が見られます。
酷くなると自殺してしまう事もあるので、こちらについても注意が必要です。
躁うつ病は単なる気持ちの問題であると考える人も多く、たしかにうれしい事があれば興奮し、悲しい事があれば気分が沈む事はありますが、そうした事とは違って病気なのです。
カルバマゼピンは躁うつ病に対して有効ですが、特に躁病に対して効果を発揮します。
ただ、躁うつ病に対して治療効果があるとは言っても躁うつ病自体を治せるという訳では無く、躁うつ病の症状を抑える作用があります。
また、即効性がある治療薬という訳では無いので抗精神病薬と併用して治療を行う事も多いです。
カルバマゼピンは副作用に注意する必要がある他に併用禁忌薬もあるので自己判断で投与するのは非常に危険です。
日本の場合は通常は医師に処方して貰う必要があるので病院で処方して貰う場合はそうした注意については医師が診断を行いますが、カルバマゼピンの入手法として最近では個人輸入で手に入れるという手段もあります。
個人輸入で入手する場合に自己判断で勝手に利用するのが非常に危険であり、自分で判断して病院に行かずに薬を服用するのは止めましょう。
てんかんで自己防御することは大切ですが、正しい判断を行うのはやはり専門医です。

人気記事一覧