3D X線脳の解剖学
  • ホーム
  • カルバマゼピンで脳神経の高ぶりを抑える

カルバマゼピンで脳神経の高ぶりを抑える

診察中の医者

カルバマゼピンがどうして脳神経の高ぶりを抑える作用があるのか、その仕組みについて簡単に説明をします。
まず、我々の神経の伝達は電気信号として伝わっていて、神経細胞の働きで興奮したり抑制する電気信号が送られます。
興奮の電気信号にはナトリウムイオンやカルシウムイオンのような正に電荷したイオン、抑制の電気信号は塩化物イオンのような負に電荷したイオンが関わっています。
それらのイオンはイオンチャネルを通過して細胞内に侵入する事で興奮や抑制の電気信号が送られます。
カルバマゼピンはナトリウムイオンチャネル阻害剤であって、ナトリウムイオンを取り込むためのナトリウムイオンチャネルの働きを邪魔します。
これは先ほども説明したように興奮の電気信号を伝達するためのものであり、その侵入を阻害するという事は脳神経の高ぶりを抑えられるのです。
こうした作用があるために、神経の電気信号の異常が原因で発症するてんかんに対する有効な治療薬として用いられています。
また、こうした作用は躁うつ病の躁状態に対しても有効であり利用されています。
その他には神経の伝達を送らせる作用があるので三叉神経痛にも用いられています。
カルバマゼピンは通常は病院で医師の診断を受けた上で処方して貰う薬ですが、病院以外でも個人輸入で手に入れる事も可能となっています。
個人輸入ならば価格の安いジェネリック医薬品もあり、わざわざ病院へ行かなくても手に入れる事は出来るので便利ですが、その一方で自己判断で薬を服用するのは非常に危険な面があるという事も忘れてはならないです。
副作用などの心配もあるので必ず医師に相談した上で利用すべきであり、自己判断で個人輸入で手に入れて服用するのは避けておくべきです。

人気記事一覧