3D X線脳の解剖学
News
抽象的な脳

まずはじめにカルバマゼピンの概要をお話します。
カルバマゼピンはてんかん発作や緊張・興奮を抑える作用を持つ抗てんかん薬です。
服用を開始してから効果が出るまで1週間から数週間程度かかりますが、一度定常状態になれば半減期は長く、用法用量を守って服用すれば容体を安定させることができます。
てんかんの発作にはいくつかの種類がありますが、カルバマゼピンはその中でもとりわけ成人の代表的なてんかん症状である側頭葉てんかんで見られる複雑部分発作に優れた効果を発揮します。
複雑部分発作は倒れたりはしないものの周囲の状況が分からなくなる意識障害を伴う発作で、発作が起こると急に動きを止めてぼんやりしたり、逆にふらふらと歩きまわる、手や口を無意味に動かすといった自動症の症状が出たりします。
本人には明確な意識のないままにそういった行動を取るため、本人は発作が起こっていた間何をしていたか覚えていない記憶障害も伴います。
突発的に起こることが多く、火や刃物を使っている最中に発作が起こって怪我をしたり、車を運転している最中に意識がなくなって周囲を巻き込む事故を起こしたりする場合もあり、大変危険な発作です。
てんかん発作は部分発作から全般化発作へと発展することがよくあるため、部分発作の段階で抑制できるカルバマゼピンは重篤症状の予防薬としても効果的です。
また、カルバマゼピンは抗てんかん薬の中では比較的胎児への影響リスクが少ないとされており、「治療上の有益性が危険を上回ると判断される場合にのみ投与することができる」と規定されています。
妊娠中に母体がてんかん発作を頻発すると胎児が低酸素状態に陥る危険性が高まりますから、医師と十分に相談したうえで慎重に服用することが大前提ではありますが、母体はもちろん胎児を守る目的で妊娠中の女性が服用することも可能です。
カルバマゼピン以外にも有効な成分はあります。
それはラモトリギンという成分で、これはラミクタールに含まれる成分です。
てんかんの薬は長期的に服用しますから、通販でラミクタールのジェネリックを買うのが経済的と言えるでしょう。

記事一覧

てんかんとは、人間の脳内で過剰な電気的興奮が起こり、その刺激が神経細胞を通じて脳内に広がることで、意...

てんかんという病気は、様々な原因により、失神やけいれんを起こしたりする、慢性的な脳の病気のことを言い...

カルバマゼピンは抗てんかん薬です。 カルバマゼピンは薬としての歴史も古く、脳の興奮を鎮め、気分を安定...

脳の神経細胞は、ネットワークを作って電気信号を伝えています。 しかし、何らかの原因によって異常な電気...

てんかんは、誰でも発病する可能性がある病気です。 脳の神経細胞は、電気信号を伝えるネットワークを持っ...

てんかんは、日本でも患者数が多い神経疾患のひとつです。 てんかんの発作は、乳幼児から大人まで、どの年...

カルバマゼピンは抗てんかん薬として有名な薬ですが、てんかん以外にも躁うつ病の治療効果もあります。 躁...

カルバマゼピンがどうして脳神経の高ぶりを抑える作用があるのか、その仕組みについて簡単に説明をします。...